高卒認定試験の体験談

高卒認定の試験を受けて高校を卒業する

小学校や中学校といいますと義務教育になります。ですからよっぽどのことがない限り学年をやり直すということはありません。病気などで学校に行けない、勉強についていけないという子もいます。それらの子でも、とりあえず年齢相応の学年で勉強し、フォローをするということになっています。今は担任が一人に、サポート役の先生がもう一人つく場合があります。主に勉強が遅れがちな子をサポートするということです。もちろん努力することは必要になります。そうすることで卒業を目指すことになります。そのあとの進路に影響することになります。
高校に行くかどうかは自分の判断ということになります。今は多くの人が進んでいるということです。ただしこちらでは必要な単位を取得しないと上の学年に上がれないということがあります。出席数も足りなければいけないこともあります。学年が上に上がれないだけでなく、卒業ができないということもあります。義務教育の時とは大きく異なるということです。学校によって学力に差がありますから、自分に合った学校を選ばないと授業についていけないということもあるということです。ですから高校選びも注意しなければいけません。合格した跡が大変になります。
ある生徒は高校に通っていたのですが、ある科目の単位が取れない状態になっていました。このままでは卒業できないということです。もう一度その科目を取り直すということになればその学年をやり直す必要があります。1年を利用する必要があるということです。そこでなにか良い方法はないかですが、高卒認定の試験を受けるということです。そちらで取れなかった科目を受験し、合格するのです。合格をして、それを学校と話し合って、単位として認められれば良いということになります。合格すれば自動的に単位がもらえるというわけではないので注意したいです。またすべての科目をこの方法で行うということはできません。数科目の場合に、できることがあるということです。

関連サイト